スペインで最高のオリーブオイル



オリーブオイルは、特別なディナーのお供にも朝食のトーストにも使うことができ、その性質や健康への効果は無数にあります。スペインのオリーブオイルは世界で最も需要のあるものの一つで、異なる5つの原産地があります。

1. Sierra de Cazorla (シエラ・デ・カソルラ)


この地域では、約3万7千ヘクタールのオリーブの木と約3億8千kgのオリーブオイルの生産量を誇っています。このオイルは非常に味が安定しており、わずかに苦く、非常にフルーティーでビタミンA、D、E、Kが豊富に含まれています。なお、オレオ・ツーリズム(オリーブオイルづくりやオリーブの文化を体験する観光ツアー)は、この地域の生活様式であり、実際に訪れれば、新しい体験を楽しむことができます(オリーブの木の栽培、オイルの抽出、テイスティングなどを学ぶことができます)。


2. Gata-Hurdes (ガタ・ウルデス)


この地域での生産量は少ないですが、専門家の間では高く評価されており、そのオイルは日本や中国、アメリカなどの国に輸出されています。また、一般的に75%以上のオレイン酸の割合を持つ緻密なオイルを生成しています。


3. Les Garrigues (レ・ガリゲ)


アルベキーナの品種、気候条件、細心の注意を払った低温処理のおかげで、個性と伝統に満ちた最高品質のオイルがこの地域で誕生しました。全ての工程(栽培、生産、精練、瓶詰め)はこの地域で行われており、レ・ガリゲに立ち寄れば、トマトやグリーンアーモンドを思わせるアロマを持つ、濃厚で美味しいオイルを発見できるでしょう。


4. La Rioja (ラ・リオハ)


この地域での、オリーブ栽培は何世紀にもわたって伝統的な手法が維持されてきましたが、今日では現代的な収穫技術が加わっています。これらの結果、年間約65万リットルの生産量を達成しています。オリーブの品種は、ホジブランカからアルベキーナ、ピクアルまでありますが、遺伝子組み換え品種の使用は認められていません。なお、この地域のおオリーブの銘柄は70個で、どれも苦味とオレイン酸が多く含まれる優勢なオイルが揃っています。


5. Sierra de Cádiz (シエラ・デ・カディス)


スペインで最も美味しいエキストラバージンオリーブオイルを生成している地域の一つで、果物を思わせるアロマを持っています。2万ヘクタールのオリーブの木は、機械や農薬の使用がより複雑になる難しい地形に位置しているため、ここから得られるオイルはほとんどがオーガニックで、口当たりがいいです。


まとめ


これら原産地はどれも品質がよく美味しいです。食べ比べるのも良いかもしれません。これら5つの原産地はどれも、オレオ・ツーリズム(オリーブオイルづくりやオリーブの文化を体験する観光ツアー)を行なっているので、実際にその場所に訪れて、オリーブを頂くだけでなく、多くの事を学ぶのもオススメです。

3 vistas0 comentarios

Entradas Recientes

Ver todo