スペイン不動産協会からの2021年のスペイン不動産市場予測


スペイン不動産協会によると、不動産販売および賃貸価格は2021年夏に高騰し始めるとのことです。また、2021年の最初の第1四半期に2020年よりも少し減少すると予測しています


スペイン不動産協会では2020年末に、来年2021年の販売価格、賃貸価格予測数値を出します。最新のデータによると、2021年に入ると短期的な不動産価格の下落があり、20201年夏から価格が高騰し始めるようです。


具体的なデータとして不動産協会の会長によると、「コロナ禍経済により、別荘やオフィス、商業物件は年末に向けて10%も値下がりしています。」ということです。しかし、マドリッド、バルセロナ、ビルバオ、セビリア、マラガ、パルマなどの大都市では、値下がりはより緩やかで約5%でした。


賃貸市場の場合、不動産協会の発表では、「大都市では、観光客向け賃貸物件が長期用の賃貸物件として、貸し出され、過剰供給の結果、賃貸価格が下落した」と強調しています。それにより、2020年は、昨年に比べて住宅、オフィス、商業物件すべての不動産セクターで10〜15%の賃料下落がありました。


2021年に向けてスペイン不動産協会は、2021年夏に、不動産市場傾向が変化する可能性がありますが、販売物件数の減少が続くと予想しています。具体的には、住宅物件について、2021年の上半期には賃貸収入は約5%落ちますが、住宅販売価格が8%〜10%程度安くなり、長期的に見れば、利回りの良い物件を購入する良い機会であると発表しました。


2021年、6月以降、観光の再開により供給が減少するという事実とともに、消費の再開、ワクチンが市場に出回り、価格は徐々に上昇し始める可能性があります。


29 vistas0 comentarios

Entradas Recientes

Ver todo